クラクラするなら貧血かも|女性がなりやすい病気

女の人

さまざまな種類があります

レディー

更年期障害では、ほてり、めまい、頭痛などの身体的なものから、うつや不眠などの精神的なものまでさまざまな症状があり、これを解消する方法もいろいろと考えられます。その中の1つが薬物療法であり、その中心になっているのがホルモン補充療法ですが、これは更年期に急減する女性ホルモン(エストロゲン)を補うことで症状を緩和する方法です。この場合にはエストロゲン単剤や、エストロゲン黄体ホルモン配合剤、黄体ホルモン整剤などが使用されています。エストロゲンは非常に大切な働きをするホルモンですが、これだけを飲み続けると子宮体がんになる危険性が高まるので、それを防ぐのに役立つ黄体ホルモンが併用されています。また、この他では、更年期障害対策として漢方薬を使用することもあり、この場合は多くの症状に対応しているということや、副作用が少ないというメリットがあります。漢方薬では、冷え性や貧血を改善するもの、不安や不眠の解消に役立つものなど、幅広い効果が期待できるので、症状の種類の多い更年期障害に適していると言えます。さらに、これはホルモン補充療法を行うことに抵抗を感じるような患者の場合にも適した治療法であり、病院でも積極的に取り入れているところが多いようです。この他では、うつや不安、不眠などの精神的症状が続く場合は、抗うつ剤や抗不安剤、睡眠導入剤などが使われています。このように、更年期障害ではさまざまな薬物治療が可能となっていますが、信頼できる病院の医師と相談して、自分の場合に最も適した方法を選ぶようにすると良いでしょう。